第33回日本保健医療行動科学会学術大会


テーマ: 健康でつながる調和的なライフに向けて
         ― 行動変容へのホリスティック・アプローチ ―

期  日: 2018年6月22日(金)〜24日(日) (22日はエクスカーションのみ開催予定)

会  場: 沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」 (沖縄県那覇市西3-11-1)

大 会 長: 吉岡隆之 (奈良学園大学、大阪滋慶学園)
副大会長: 高倉 実 (琉球大学)

★第33回大会実行委員会事務局


 みなさまのご発表、ご参加を第33回大会実行委員一同、楽しみにお待ちしております。また、お知り合いで、本大会に興味をもたれそうな方がおられましたら、是非とも、大会への参加や発表をお勧めいただけましたら幸いです。本大会では「実践報告」の発表も募集することになりました。


※「一般演題発表」募集中!(演題登録・抄録提出期限:2018年3月31日[土]) [2017.12.06.掲載]
  (「実践報告」の発表も募集することになりました!)
※「事前参加申込」受付中!(事前参加登録期限:2018年5月31日[木]) [2017.12.06.掲載]
※第33回大会のご案内(第2報)[2017.12.01.]のダウンロードができます! [2017.12.06.掲載]
※第33回大会のチラシのダウンロードができます! [2017.12.06.掲載]
※第33回大会のプログラム概要、一般演題発表募集、事前参加申込の情報を掲載しました! [2017.12.06.掲載]


第33回大会に向けて [2017.12.01.]のダウンロード (学会ニュースレター No.94 より転載)

第33回大会のご案内(第2報)[2017.12.01.]のダウンロード (学会ニュースレター No.94 より転載)

第33回大会のチラシ(第1弾) [2017.12.01.]のダウンロード


【留意事項等】
■第33回大会における一般演題発表については、新たに実践(事業・活動)に関する報告を募ることになりました。これに伴い、従来の学術研究報告(発表)を「研究報告」とし、実践(事業・活動)に関する報告(発表)を「実践報告」として募集を行っています。
■6月23日(土)は、沖縄戦の組織的戦闘が終結した「慰霊の日」にあたります。本大会においても、戦没者の霊を慰め、平和に想いを馳せる「時」をもちたいと思っております。
■6月23日(土)は、航空便や宿泊施設の若干の混雑も予想されます。沖縄県外から参加していただく場合、できるだけ早めに航空便や宿泊施設を予約していただくことをお勧めいたします。


▼プログラム概要

▼一般演題発表(口頭発表・ポスター発表)の募集 (「実践報告」の発表も募集することになりました!)

▼大会参加費、懇親会費

▼事前参加申込方法

▼エクスカーション(2018年6月22日)

▼公開プログラム (沖縄の保健・医療・福祉関係者(学生を含む)向け)


▼プログラム概要 (内容は一部変更されることもあります。)

< 2018年6月22日(金) >

(午後) エクスカーション 【内容は検討中】
      「慰霊の日に因んだ交流会、パワースポット巡りなど(案)」(詳細が決まり次第、本webサイトに掲載します!)
      ※参加申込は【エクスカーション】専用の登録フォームから行えるようにする予定です。(今しばらくお待ちください!)

< 2018年6月23日(土) >

(午前) (拡大理事会) 

      総会 

      基調講演 「ナラティヴと行動変容のからくりを脳科学から探る ―科学の限界を見すえて―」 
         吉岡隆之 (第33回大会長、奈良学園大学、大阪滋慶学園)

(午後) 「沖縄慰霊の日」 慰霊と平和の祈り 

      (顧問・評議員会) 

      シンポジウムT 「語る・聴く・書く・読む(仮)」 
         小田豊二 (編集者・聞き書き作家)
         (その他の講師は依頼中)

      体験学習ワークショップ
         @「レイキ ヒーリング(仮)」  (講師は依頼中)
         A「サイモントン療法(仮)」  田村祐樹 (NPO法人サイモントン療法協会)
         B「動作法」  喜屋武 享 (琉球大学)
         C「シンギング・リン ヒーリング」  石井豊子 (音楽療法士)
         D「ラフターヨガ(笑いヨガ)」  井上葉子 (奈良学園大学)
         E「リラクセーション下でのタッチング(仮)」  山崎裕美子 (姫路獨協大学)
            ※ワークショップへの参加申込は、事前参加申込と同時に【事前参加申込】登録フォームで行ってください。
            ※各ワークショップとも、空きがある場合は先着順で当日参加も受け付けますが、準備の都合上、
              できるだけ事前申込をお願いいたします。

            ※ワークショップに参加された方には、本学会から各ワークショップの「修了証書」が発行されます。

      一般演題口頭発表T 

      懇親会

< 2018年6月24日(日) >

(午前) 一般演題口頭発表U 

      シンポジウムU 「健康でつながる調和的なライフに向けて」 
         医療の立場から 「生活から学び、生活へと還元する地域医療をめざして」 高山義浩 (沖縄県立中部病院)
         健康教育の立場から 「琉球大学ゆい健康プロジェクト(仮)」 神谷義人 (名桜大学)
         文化人類学の立場から (講師は依頼中)

(午後) 理事会 

      特別講演 「何が人を変えるのか ―ホリスティックコミュニケーションの実際―」 
         黒丸尊治 (彦根市立病院、日本ホリスティック医学協会)

      一般演題ポスター発表 


▼一般演題発表(口頭発表・ポスター発表)の募集(採択審査があります)

※「実践報告」の発表も募集することになりました!

第33回大会における一般演題発表については、新たに実践(事業・活動等)に関する報告を募ることになりました。これに伴い、従来の学術研究報告(発表)を「研究報告」とし、実践に関する報告(発表)を「実践報告」とします。「実践報告」は、保健医療行動科学に関する実践(事業・活動等)について、その目的、実践内容、評価(結果・成果)、課題等を発表してください。「研究報告」及び「実践報告」ともに、口頭発表とポスター発表を募ります。したがって、一般演題発表の種別は次@〜Cのようになります。
  @「研究報告」口頭発表 A「研究報告」ポスター発表 B「実践報告」口頭発表 C「実践報告」ポスター発表

■口頭発表(研究報告・実践報告)
 ●発表時間は15分、質疑応答は10分で、計25分以内です。

■ポスター発表(研究報告・実践報告)
 ●ポスター発表の発表時間は10分、質疑応答5分で、計15分以内です。
 ●ポスターボードは、横 90cm、縦 180cm で、薄い藤色の布地です。

■演題登録及び抄録原稿提出について
 ●演題の登録と同時に抄録原稿の提出(送付)をお願いします。抄録の採択審査を主に次の(1) (2)の観点で行います。
  審査結果は受付後2週間以内に、発表日程は登録期限後1ヶ月以内に連絡する予定です。
  (1) 発表内容は保健医療行動科学に関連する研究または実践活動で、国内外を問わず未発表のものに限ります。
  (2) 人及び動物が対象である研究の場合は、倫理的配慮について抄録の本文中に明記してください。
 抄録様式: 用紙はA4サイズ1枚(本文は2段組み)です。以下の抄録書式を参考に、抄録雛形を用いて作成してください。
          抄録書式「研究報告」のダウンロード   抄録雛形「研究報告」のダウンロード
          抄録書式「実践報告」のダウンロード   抄録雛形「実践報告」のダウンロード
 演題登録: 第33回大会専用の【一般演題発表】登録フォーム(webサイト)で、次の事項について登録を行い、
         抄録は、別途、電子メールにて第33回大会実行委員会事務局に送付してください。

         電子メールアドレス  (1)演題タイトル  (2)氏名  (3)氏名のフリガナ  (4)所属
         (5)送付先郵便番号  (6)送付先住所  (7)希望の発表種別

         webサイトで登録できない場合は、★第33回大会実行委員会事務局に相談してください。
 抄録送付先: 第33回大会実行委員会事務局 電子メールアドレス 33jahbs*gmail.com (*は@へ変換してください)
           *抄録原稿(MS Word ファイル)は、電子メールに添付して上記アドレスに送付してください。
 演題登録・抄録提出期限: 2018年3月31日(土)
演題登録・抄録提出と同時に「事前参加申込」も行ってください。

■非会員の発表について
一般演題の発表者は共同発表者を含めてすべて会員である必要があります。
  非会員の方は、本学会webサイトの入会申込から入会手続きを行ってください。


▼大会参加費、懇親会費

■大会参加費
事前申込: 会員 5,000円、非会員 6,000円、大学院生 4,000円、学部学生 3,000円、非会員一日参加者 3,000円
当日参加はいずれも1,000円増しです。 一日参加は非会員のみの設定です。

■懇親会費  会員・非会員 5,000円


▼事前参加申込方法

■下記1) 参加登録 2) 参加費振込を行ってください。

1) 参加登録: 第33回大会専用の【事前参加申込】登録フォーム(webサイト)で、次の事項について登録を行ってください。
          電子メールアドレス  (1)氏名  (2)氏名のフリガナ  (3)所属  (4)送付先郵便番号  (5)送付先住所
          (6)参加種別  (7)懇親会参加の有無  (6)振込金額内訳  (7)体験学習ワークショップの参加希望

          webサイトで登録できない場合は、★第33回大会実行委員会事務局に相談してください。

2) 参加費振込(払込): ゆうちょ銀行(郵便局)の下記の振替口座に「払込取扱票(郵便振替)」により払い込むか、
                下記の口座に振り込んでください。

【振替払込書用紙(旧郵便振替用紙)による払い込みの場合】
 口座記号番号: 00970−8−210855   加入者名: 33JAHBS

【他の金融機関から振り込む場合】
 銀行名: ゆうちょ銀行   店名: 〇九九 店(ゼロキュウキュウ店)   種目: 当座
 口座番号: 0210855  受取人名: サンサンジェイエイエイチビーエス

事前参加申込(登録)期限:2018年5月31日(木)となります。
振込(払込)の完了をもって登録となります。
登録フォーム(学会webサイト)で登録をされましても、上記期限までに振込(払込)がない場合は、当日料金となります。
振り込み手数料は申し込み者ご自身で負担してください。
確認のため、大会当日は、webサイトで「事前参加申込」の登録した際に自動返信された登録フォームを持参してください。


▼エクスカーション(6月22日) 【詳細については検討中】 (詳細が決まり次第、本webサイトに掲載します!)

「慰霊の日に因んだ交流会、パワースポット巡りなど(案)」

 ※参加申込は【エクスカーション】専用の登録フォーム(webサイト【準備中】)から行えるようにする予定です。(今しばらくお待ちください!)


▼公開プログラム 【詳細については検討中】 (詳細が決まり次第、本webサイトに掲載します!)

■メイン会場(480名収容)で行う基調講演、特別講演、シンポジウムT及びUは、公開プログラムとし、
  沖縄の保健・医療・福祉関係者(学生を含む)は、安価な参加費で参加していただけるよう検討しています。

 ※参加申込は【公開プログラム】専用の登録フォーム(webサイト【準備中】)から行えるようにする予定です。(今しばらくお待ちください!)


★第33回大会実行委員会事務局(問い合わせ先)

 第33回日本保健医療行動科学会学術大会実行委員会事務局

 <連絡先> 電子メールアドレス: 33jahbs*gmail.com (*は@へ変換してください)

 <郵便物等送付先>
 〒631-8524 奈良市中登美ヶ丘3-15-1
 奈良学園大学保健医療学部内
 第33回日本保健医療行動科学会学術大会実行委員会
 吉岡隆之 宛

 大会長: 吉岡隆之(奈良学園大学、大阪滋慶学園)  副大会長: 高倉 実(琉球大学)
 大会実行委員長: 梓川 一(奈良佐保短期大学)  大会事務局長: 上杉裕子(神戸大学)


日本保健医療行動科学会への入会のご案内

 保健医療行動科学に興味や関心のある方は是非ご入会ください。
 また、興味や関心のありそうな方がおられましたら、ぜひ入会をお勧めください。
 当学会への入会は随時受け付けています。

※入会に関する問い合わせ先: 日本保健医療行動科学会 事務局

本学会webサイトの入会申込